能代市 【車検事例】能代市 ホリデー車検 トヨタ カローラ   山内自動車商会

画像

【車検事例】能代市 ホリデー車検 トヨタ カローラ 

 ホリデー車検で入庫のカローラ

ホリデー車検で入庫していただいたカローラです。
車齢25年ですが、まだまだ現役で頑張っています!

 ドライブシャフトブーツのひび割れ

ドライブシャフトは動力をタイヤへ伝えるための重要な部品です。その先端の部分を保護しているのがドライブシャフトブーツです。ブーツは両端に付いていますが特にタイヤ側のブーツはねじれながら回転しますのでとても負荷がかかります。その為、距離や年数によって劣化しひび割れてきます。最終的にはパックリと割れて、中に入っているグリースが回転とともに飛び散ります。また、割れた部分から泥水が中に入ってしまいシャフトそのものを壊してしまいます。シャフトが壊れると右左折時に「カタカタカタ・・・」って鳴ってきます。もっとひどくなると直進状態でも鳴ってきて最悪の場合にはシャフト内部で空回りしてしまい車が走れなくなってしまいます。自力では走行出来なくなりレッカーを手配しなくてはならなくなります。今回、車検で入庫したカローラはまだひび割れの段階でしたので車検には合格します。立会い説明でお客様との相談の結果、今回はブーツの交換はせずに12か月後にこちらから12か月定期点検の案内といっしょにご連絡させていただくことになりました。

 給油口パイプのサビ

下廻りの点検したところ、給油口のパイプがサビていました。このパイプは燃料の給油口から燃料タンクに繋がっていますので万が一穴が空いてしまうと給油時に燃料が漏れてしまいますから大変危険な状態になってしまいます。気が付かずにそのまま満タンに入れてしまうとしばらくの間漏れてしまうのです。サビて穴があくって聞くと大きな穴があくイメージですが、初期の穴というのは針の穴のように小さいですから、ドバドバと燃料が漏れるのではなく、じわじわと漏れてきますので満タンにした場合しばらくの間漏れが続きますので、車の回りが燃料のにおいがする、しばらくしてもにおいが消えない場合は注意が必要だと思います。今回のカローラの場合はまだ穴があくようなレベルではなかったので、お客様との相談の結果ドライブシャフトブーツといっしょに後日ご案内する事にしました。

お問い合わせ大歓迎!(^◇^)!

  ホームページからでもお電話でもOK!
お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問合せは
フリーダイヤル 0120-52-4335
または 0185-52-4335
までお願い致します。
(フリーダイヤルの場合、能代市外からはつながりませんのでご注意ください。)
*ホームページを見た!とお伝えいただければ嬉しいです(#^.^#)



お問合せフォームは24時間受付をしております。
ぜひ、お気軽にお問合せください。

>>ホームページからのお問い合わせはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!